N-tunes.com gaaco.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

音楽全般、とくにk-pop(神話/SHINHWA)をはじめ、もろもろ話題でまったりと。どなたでもおこしやす。


by gaaco
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

성시경(ソン・シギョン)


e0006314_15551683.jpg大好きなk-pop歌手のうちのひとりです。

映画「菊の花の香り」OST収録の
희재(ヒジェ)という曲で好きになりました。

* 희재(ヒジェ) → こちら








e0006314_162136.jpg「菊の花の香り」OST
희재は、このアルバムに収録されてます。

この曲をもとにしたソン・シギョンという歌手の魅力。
勝手な感想ではありますが。







ひっそりとひそやかに歌いだすのですが、サビに向けて、徐々に熱くなっていき、
サビでは、ひっそりとした歌い方の中にも、ものすごい情熱と悲哀を感じます。

でも悲哀のまま終わってしまうのではなく、
悲哀のあとに太陽の光まで見せてくれる、
そんな印象の歌です。(私の勝手な感想)


この曲を聴くと、不思議と、安曇野の清涼感ある川が浮かびます。
具体的には、梓川(あずさがわ)。上高地を流れる川。

季節は雪どけのころ。
白く冠雪した山々をバックに、流れる梓川、
土手の陰からふきのとうが見え隠れしてるような。

この曲のミュージックビデオをとっていいよといわれたら(いわれんが)
そんな風景をとりたいです。

梓川。透明だけど、色は少し青みがかってて
なにごとにも柔らかく無理なく浸透し万物を潤してくれるイメージ。

いわゆる「癒し系」といってしまうと陳腐な表現になってしまうけど、
こんなに無理なくいつのまにか癒されてしまう歌声ってあまり知らない。

それと、この人の歌の魅力は「揺らぎぐあい」。

シギョンの声って微妙に揺らいでますよね。
音程がとれてないという意味ではなく、とれた上で遊びがあるというか。
その自由で暖かい揺らぎぐあいが舟に乗ってるようでとても心地よい。

聴いてると切なくなったりするんだけど、最後には暖かい気持ちになる。
無農薬、オーガニックな世界。彼の人生観が歌にあらわれてる気がする。


先日のK-POP ALL STAR IN JAPAN@幕張で、
シギョンの歌を初めて聴いてきました。

この人のファルセットがものすごく好きだなと再確認。
ちょっとセクシーで、でもやらしすぎないかんじ。
微妙な揺れぐあいがたまらないです。


残念ながら희재ヒジェは歌いませんでしたが、
ハナ組のトリで、5曲くらい歌ったのかな。
セット・リストがいま手元にないんですが。


ソン・シギョン。彼も1979年生まれ、恐るべし79年組。

彼の歌の魅力については、わが友Rちゃんが造詣が深いので、
さらなるその魅力については彼女のシギョンさらんへよな気持ちも盛り込み
part2として後日あげます。
[PR]
by gaaco127 | 2006-01-17 15:41 | ★ Music(K-pop etc.)