N-tunes.com gaaco.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

音楽全般、とくにk-pop(神話/SHINHWA)をはじめ、もろもろ話題でまったりと。どなたでもおこしやす。


by gaaco
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

神話13集トレカ


全6種封入とのことでしたが。
みなさまのところには誰のトレカが来ましたでしょうか。

わたしは、えりくでした。




.
.
わたしの神話の入り口は綾戸智絵であったことはだいぶ以前当ブログで記しましたが、
なぜ綾戸姉さんが入り口だったかといえば、綾戸さんのソロライブ@SHIBUYA-AXのゲストがヘソンだったから。

知人から借りたパンソリのビデオに消しそびれて残っていた神話の映像をチラ見したことをきっかけにヘソンの歌声に惚れ込んだという綾戸さんは、
その行動力を全発揮して単身韓国へ飛び、ご自分のソロライブへのゲストに是非来てほしいとヘソンを勧誘したところからその日のステージは始まっている。
当時、綾戸さんのファンクラブに入っていた私は、綾戸FCホームページにてヘソンがゲスト出演することを知った上で当日会場に足を運びましたが、本当に本人がSHIBUYA-AXの会場へ現れるのかどこか半信半疑だったことを今でも覚えています。

舞台が進み、途中、綾戸智絵のアナウンスで舞台袖からふらーっと現れたヘソンさん。
糸の切れた凧のようにつかみどころの無さそうな所在なげな人というのが第一印象。
同時に、これが韓国のアイドル?という怪訝な気持ちも幾分混ざっていたかも。

当時、韓国では、歌番組はリップシンク(口パク)が全盛期で、
舞台で生で歌い踊るダンス歌手はほとんどいなかった時代。
多分に漏れず、ヘソンさんも生歌全盛期ではなかったこともあるのか、
たまたまなのか、舞台での生歌にあまり慣れてないのかな?という感じがありました。
(この日はまだ特にファンではなかったので先入観も贔屓目もなくありのままにそう思った)

聴いてる最中は、
「糸の切れた凧のような人」
「(アイドルという冠とはイメージの違う)どちらかというと所在なげな人」
「なま歌に慣れてなさそうな人」
というのがイメージとして大きくて、特に「その場でその歌声に即、惚れた」という訳でもなかったんですよね、、

不思議なことに、音楽って、
「音程(ピッチ)が正確である」とか「リズムが(機械のように)正しい」とか、
そういう「完成度」的なものが必ずしも人の心をうつかというとそういうものじゃないということなんですよね。。
(と、ここまで言っちゃうとまるでその日のヘソンさんの歌を全否定しちゃうようですが
そういう意味ではなく。)

ああいう体験は後にも先にもなくて、あのときだけなんだけど、
現地に居るときは特にそれこそ「(あのゲストは)なんだったんだろう?」という不思議な感覚しか残らず、
ヘソンのゲストタイムが終わり彼が舞台袖へはけたあとも綾戸智絵のライブは続き、
すっかり耳も意識もそちらへ行っていて。

ご一緒したお友達とお茶をしてさんざん関係のない話も交えて喋ってわかれ、
帰りの地下鉄のホームでひとり電車を待つ間にやってきた、また別の不思議な感覚が。
「・・・なんか不思議な歌声だったな」
じわじわと。後から来ました。
無性に気になる、耳に残りこだまのようにフラッシュバックする歌声。。

で、今に至る。

そういうこともあるんだよね。


トレカの話題からなんでこの話?なのですが、
私は神話ファンであり、ヘソンのボーカルをこよなく愛す一リスナー。
勢い、長年をかけてお知り合いになった方々も、ヘソンペンが多い。
みなさん、おしなべて、

「ヘソンの声が好き」

からはじまり、つきつめていくと

「(ヘソンの)顔は、あとづけ」

「正直、(ヘソンの)顔はタイプではなかった、はじめは」

「(ヘソンの)顔は、乗っかっていさえすればいい」

などなど、ファンなんだけど、ビジュアルに関しては正直なお友達が多い。
多分にもれず、わたしもそう。だってヘソンの第一印象、、SHIBUYA-AXより前に写真は何度か見る機会があり、
綾戸智絵がはなまるマーケットへゲスト出演した際、彼女が神話の紹介をフリップ付きでしていたのですが、
そのときのアー写がたしか5集の日本版だったかな。

「これが韓国のアイドルグループのボーカルなんだー。なんだか、いけずそうな人やな。」

という印象しかなかった。
その後、ライブで声落ちしたので完全に「声先」であり、顔は後。。

なので、お友達も含め、私も、界隈の知人たちは皆、
「ヘソンは声が好き」「お顔はのってればいい」「あとから顔も好きになったかもしれないけど」
な人々なわけです。

それがですよ、ここ最近。界隈で変化がありまして、、


皆、えりくに心が傾いている!!!


なので、13集のトレカ、本来は「ヘソンが出た!」が一番嬉しいはずなのに、
「エリクだった!」が「当たり」扱いですwww

ええ、正直、私もエリクさんが出て嬉しかったです。
だけどやっぱりヘソンのトレカがほしいよ。

たとえお顔が乗っていればよいとしても。たとえ声先でファンになり、トレカがしゃべらなかったとしても。


(おちがありませんが、このへんで)







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gaaco127 | 2017-01-08 15:13 | SHINHWA | Comments(0)