N-tunes.com gaaco.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

音楽全般、とくにk-pop(神話/SHINHWA)をはじめ、もろもろ話題でまったりと。どなたでもおこしやす。


by gaaco
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

4周年


e0006314_152973.jpg
本日で4周年。 ←ブログではなく^^;    (画像:SHINHWA PERSONAL HISTORIES)




本日、4周年。

へそんの生歌をはじめて聴いた日。2002/7/25。
別に、いちいち数えてたわけじゃないけど(言い訳くさいがホント)

なんでそのこと(4周年)思い出したかっていうと
先日、とあるものをぐぐってたら(ぐぐる=googleで検索する)
こんなページを再発見したのでした。

* おばはんな日記@JAZZ SINGER CHIE AYADO


綾戸智絵さんの公式ページ。
2002/7/25に綾戸さんがSHIBUYA-AXでライブをやるにあたり、
その約1週間くらい前かな?アップされた日記。
へそんがゲスト出演するにあたる逸話が記されてます。
いま読み返すとおもしろい。


◆前ぶり
2002年7月当時、私は、
「しんわ」の名前はわかるが、メンバの顔は一致せず。
それまでに聴いたCDは、
2002年6月渡韓時に購入した「my choice」1枚のみ。
当然、誰がどのパート歌ってるか聴き分けにはほど遠く…
ただ、その中でも、T.O.Pが、やけに印象的で
「韓国の音楽って、かっこいいんだ!」とは思っていた。



◆前ぶり・その2
当時、同じテニス・スクールに通っていたTちゃんから

               「アヤドチエのライブに行きたい!」

とメールがはいり、その頃アヤドファンクラブ会員だった私は、
7/25@SHIBUYA-AXのライブチケットをふたりぶん、予約。

へそん目当てだったわけではない
だって(彼がゲスト出演)なんて↑「おばはんな日記」読むまで知らなかったし。

        「へー。アヤドさんのはまってる、へそんってのがゲストなんだ?」

Tちゃんにも「なんかねー韓国の歌手がゲストらしいよ」と伝えたのを覚えてる。



◆ライブ当日
2002/7/25 SHIBUYA-AX。NHKホールもそうだけど、SHIBUYA-AXも、渋谷駅から遠い!
しかもこの日は暑かった。あちー。とぶーたれながら、連れのTちゃんと、渋谷駅から歩く。

当時、Tちゃんと私は、同じテニススクールで、同じコーチに習っていた。
そのコーチを仮に「N田コーチ」とする。(←ほとんど伏字になっとらん
Tちゃんは、N田コーチの、熱烈な信者だった。かくいうわたしも。で、そんな二人が会えばする話といえば当然N田コーチのテニスがどんなにすばらしいかという話。^^;

渋谷ハチ公から会場SHIBUYA-AXへ向かう合間に、まだ時間があるからねと喫茶店にはいった私たちは、これでもかと怒涛のようにN田コーチネタで盛り上がる。…ひとしきりN田コーチネタにまみれ(笑 気づくとライブ開場の時刻がせまっている。SHIBUYA-AXはスタンディング。予約したチケットの整理券番号はかなり前のほうだったので

                 「そろそろ並びに行こ」

とふたりで喫茶店をあとに。


AX到着。だいぶ多くの人が、整理番号順に、並んでいる。
…あれ。いつものアヤドライブと違う雰囲気。

                 「…あれ、何?」

とTちゃん。指差す方を見ると、うちわを持ってる人がいる。

                 「うちわ?オレンジ色でなにか書いてある。」

                 「…読めない」

そう!当時、ハングルなんて読めなかった!おそらく、「へそん」とか「さらんへ」とか書いてあったのだろうねーきっと。Tちゃんとわたし、ふたりで顔をみあわせ

               「ジャニーズのコンサートみたい??」

うーん。うちわは、かなり印象的でした。


◆舞台
で、へそんの登場したこの日のコンサートの模様は、当時のViewsic(現在のM-on!)で生中継されたのでご存知の方も多いし詳細は割愛するけれど、歌ったのは3曲。そのうち1曲はシナ4集"Falling in Love"のへそんパートをアヤドチエのピアノ伴奏で1パートのみ鼻歌っぽく歌っただけなので、フルで歌ったのはリチャード・マークスの「らいとひあうぇいてぃんぐ」と「人形」2曲かな。

この日のアヤドチエ、出だしからうかれまくってて(笑)いつもと違って衣裳も超若作りしちゃってなんかそれが「ワタシこれから好きな人と会うのー」みたいなかんじで、でもヘンに厭味なかんじはしなくてとてもかわいかったんだけど、わたしはあいかわらず冷めてて「そんなにアヤドさんがうかれまくるほどすてきなひとが出て来るんだろうか…」と半信半疑だった。(笑

で、出た。当の本人。舞台袖からステージにやってくる。なんか遠慮がちなたたずまい。

                 「コンニチハーヘソンデス」

ひょろっとしている。細い。ていうか長い。(笑
なんか風船みたいというか凧みたいというか、どこかに繋いでおかないとふらっとどっかへ飛んでっちゃいそうな所在なさげなたたずまいの人だなーというのが第一印象だった。

で、歌いだす。1曲目、
               
             リチャード・マークスの「らいとひあうぇいてぃんぐ」

これがへそんの生歌を聴いた最初だったんだけど、第一印象は「聴きにくいなー」だった。このころリップシンクが全盛期だったせいで生で歌うことに慣れてなかったのか、緊張してたのかほんとよくわかんなかったんだけど、歌の息継ぎ(ブレス)の、吸うほうじゃなく吐くほうの息がマイクにもろにカブり、その音がちょい聴き苦しくてそればかり気になった。で、1曲目は、なんかよくわかんないうちにおわってしまい、途中、アヤドとのMCをはさみ、そのあいまにも私の彼への印象はかわることなく

                ひょろひょろした所在なさげな人だなー

だった。これが韓国のアイドルなのか?とも一瞬思った。で、おもむろに、アヤドのピアノ伴奏で歌いだした4集"Falling in Love"の1パート。ふんふん~と軽~く鼻歌まじりに1フレーズさらっと歌う。なんかすごい短かったし一瞬でよくわかんないけど雰囲気あって、うまい。思えば、ここでなにかがぐらっと動いたような気がする。言葉で表現するのはほんとうにむつかしいけど、あえてこのとき感じたことを言語化するならば「なに、この生温かい湿ったかんじ」だった。(←何それ笑
冗談じゃなくて、このとき感じた「なにか」が、のちのちボディーブローのように効いてくるんだな。

3曲目は、「人形」。アヤドとのデュエット。デュエットっていっても2人で歌ったのは1番だけ。2番にはいると、ほぼへそんの独壇場。アヤドさんもそれをわかってか彼を自由に歌の世界に泳がせる。あれまーこのひと歌の世界に入っちゃったよ。なんであんなせつなそーな顔するんだろう?…韓国語がまったくわからず、詞の内容がわからないだけに、ぽかーんとした気分で歌を聴いていた。

で、終わっちゃったんだけど。(笑
終わった後もかわらず「吐息をマイクが拾っちゃって聴きづらかったなー」が一番大きかった印象。で、その次があいかわらず「なに、この生温かい湿ったかんじ」だった。その、理解不可能な消化できない感覚をうすぼんやりと抱えながら、ライブ後、渋谷の居酒屋に入りふたたびTちゃんとN田コーチ談義に花を咲かせまくり、いかにN田コーチがすばらしいかなどと(笑)2時間ほぼオールN田ネタで(いまおもうとすごいな)飲みまくり食べまくり、ちっとも1分だってへそんの話なんてせずにその日はTちゃんとわかれたのだった。


で、帰宅してからですよ!
ライブ終わってとうに数時間経過。ライブ後はさんざん書いたとおり数時間、TちゃんとN田ネタですっかりもりあがってたわけです。なのに「あれれ…」さっきまでほったらかしにしておいた(つもりの)わけわかんない本日のゲスト様から感じたフィーリングがぐんぐん来たんですねー、なにか自分の中に。なによ!?このわけわかんない感覚は!?みたいな。(笑
うまくかけなくてもどかしいんだけど、要は現場ではそうとあまりかんじなかったはずなのに、へそんのステージというか、歌が印象的だったんですね。あのやけにうまい鼻歌。そっからはまりました。で、この有様。(笑

まさか、4年もそのままと思わなかったよ。私、飽きっぽいし。飽きるどころか、どんどんはまり、抜け出せなくなってるし。

                なんか、くやしい。

くやしいってか、シャクだ。誰かに、こんなにはまるなんて。で、話はかわって、そのライブ後、へそんを、シナを知りたくなり、当時みれた神奈川TVの「韓ナリ!」をみはじめ、そうこうしてるうちに自然とK-POP友達ができ、その友達が厚意でダビングしてくれた韓国モノのバラエティてんこもりビデオ、そのバラエティのシナが全員超おもしろく、それ見ちゃったのもかなり敗因なんだよなー(敗因て。

バラエティのシナってめちゃめちゃおもしろくない?なんで奴らあんな多才なの?お笑いでも食べてける気ぃするし。韓国語わかんなくても、すっげーおもしろくない?奴ら。(笑
で、その友達からもらったビデオってのがおもしろさてんこ盛りのナイスビデオで、食堂でヘンなゲームやってるのとか、ポジャンマチャでメンバ飲んでいろんなゲームやってるのとか(えりくがへそんにちゅぅしちゃうやつ)へそんの超あほっぽいシーンとか多々うつってて。(笑

またそこで「なに?この人!」状態。とってもすましてるいけすかないナルシスト?かとおもいきや(実際、何割かはそうなんだろうけど(笑)こいつ(こいつよばわりかい)おもしろいんだ!?てか、天然!?てのがギャップで。いまでも、すましてるへそんより、バラエティなんかで暴走してる


               あほっぽいへそんが好き



…あれ?何の話だっけ。

以前、ここからリンクはらせていただいてる「よぼわら」のnigorickさんが、なにかのエントリで、へそんのことを「何時間か経ってじんわりとまわってくる毒」みたいな表現をなさってたんだけど、まさにこの「何時間か経ってまわってくる毒」にじんわりとやられちゃったんだなーと思ったのと、nigorickさんの表現力に脱帽したんだわー。(nigorickさんすみません突然登場させちゃって)


えーと、今日のエントリは、鼻歌のうまい、あほな人が好きだって結論で、〆。  おーしまいっ。



【追記】
e0006314_2153224.jpg

あほつながりで書くと、先日、わがシナ友Rちゃんが送ってくれたDVDの中に「リアルロマンスラブレター」があって、これ、へそんが超あほっぽくて最高◎。第7回目で、へそんがマイナー・リーグにまわったときで、例の黄色い帽子カブって(またこれが妙に似合うんだ)ゴムぱちん!されるやつ。えんでぃが容赦なくへそんのかぶった帽子のゴムひっぱって、で、バツゲームだから、えんでぃにおとなしくぱちん!されなきゃいかんのに、へそん、そのえんでぃのひっぱったゴムの方向へ延々と…このくだりの表情とかしぐさがあほっぽくて最高!この回、へそんだけじゃなくえりくも最高にいい味だしてるしミヌはなにやらせてもソツなくステキだしジニはダンスうまくてなにやるにも照れたような表情がかわいくて、ドンワンは心から楽しそうな表情してゲームこなしてるし、えんでぃはやっぱりなにやってもキュートだわで(でもヒョンに対してて全く容赦ない(笑)、シナ、最高。
[PR]
by gaaco127 | 2006-07-25 00:58 | ★ Diary(つれづれメモ)