N-tunes.com gaaco.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

音楽全般、とくにk-pop(神話/SHINHWA)をはじめ、もろもろ話題でまったりと。どなたでもおこしやす。


by gaaco
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

8/3 サッカー東アジア選手権


e0006314_12465275.jpg日本 対 中国。 2-2ひきわけ。

前半、2点先制され、0-2。

後半、1点返し、1-2。

そして後半43分、田中達也のゴールで2-2。

田中(達)のシュート、すごかったね。



[よ]によると、田中(達)はめずらしく両足で(シュートを?)蹴れる選手とのこと。
このシュート時の、田中(達)の思いきりのよさはみごとでした。

   確かこのシュートは左足で蹴ってた。
   どちらが利き足か知らないけど、ループを描いた見事なミドル・シュートでした。
   キーパー、一歩も動けてなかったもんな。
   たぶんあのポジションから打ってくるとは予想しなかったのでしょう。


サッカーのことはよくわかりませんが
たまに見る試合などでの、FWのおもいきりのなさに、じれったくなることがあります。

   が、この田中(達)のシュートは

          俺、FW!  いま決めずしてどうするーーー!

   ってな気合が、がおぉーーー!っと伝わってくるシュートでした。
   爽快だった~~。
   男らしかった。すげーこのプレーに惚れた。


ところで音楽にすきずきがあるように、スポーツ選手もすきずきありますよね。
どうかんじるかはひとそれぞれで。どれがよくてどれがわるいっていう意味じゃなくて。

わたしは、スポーツ選手なら、がつがつ闘志みせるタイプがお気に入りです。
(スマートかつ無表情に難しい技をなんなくこなしちゃう選手(例:フェデラー)も素敵で好きだけど)

サッカー選手でわかりやすい例えは、ゴン中山。
技はすばらしくても柳沢のようなタイプはわたしはちょっとxxx...です。(ファンの方ゴメンナサイ)
田中(達)は、けっこうゴン系かと。(ゴンをちょい涼しくしたかんじ。)

田中(達)の、プレー中の目がたまらないです。
例えていうなら、武士の目、サムライの目。

サッカーだけに、集中しきってる目。
きっと今晩のごはんのこととか余計なこと考えてない。
ぜんぜん煩悩なさそうなかんじ。(そんな人いないけどさ、例えよ例え。)
プレーヤーとしての集中力に憧れます。(彼だって集中力きらすことはあるだろうけどさ)

芝生に22人のプレーヤーがいますが、しぜんと田中を追ってしまいます。
なんなんでしょうね。 どこみるかって、人によって違うんでしょうね。

私はサッカーの細かいルールとか布陣や戦略ってよくわからないので、
あまり全体の陣形とか見てないからかもしれません。(見ろよ。)


ところで、なぜスポーツ選手の「ここぞというときのおもいきりのよさ」にこだわるかというと

一般趣味レベル・テニス・プレーヤーとしての自分がですね、
テニスのイン・プレー中に「おもいきりのなさ」でよく苦しむからなのです。

いやですねぇ、あれ。しょぼーーーんん。
なにがって、自分で自分がね。おもいきりのないプレーしちゃったときって。

    あの、もやもやしたかんじ。(T_T)
    萎縮すると余計ボール入らなくなるんですよねー。(T_T;)
    余計なことあれこれ考えすぎてるからなんですね。(T_T;;)
    マイナスのイメージ・トレーニングしちゃってるのよね。(T_T;;;)


  ここぞ!という勝負時に、ポジティブにボールを打ちきることのむつかしさ!


わたしはこれからも一生、このお題目と戦うんだろうな。


だから、きのうは、田中(達)のおもいきりよいシュートにとても感動しました。
ここぞというときに勝負師になれるプレーヤーになるのが夢です。


    ってか、テニス自体、ここ数ヶ月、してないぞ。
    とんとご無沙汰ですわ。寂しい(T_T)


あ、杉山、3回戦進出したようですね@アキュラ・クラシック。がんばって~~
[PR]
by gaaco127 | 2005-08-04 12:35 | ★ Sports(Tennis etc)