N-tunes.com gaaco.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

音楽全般、とくにk-pop(神話/SHINHWA)をはじめ、もろもろ話題でまったりと。どなたでもおこしやす。


by gaaco
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

音楽を一生懸命やり続ける理由ですか?他にとりえがないからです


e0006314_0454157.jpgeternal essence of music
WHEESUNG
2007/9/4








もうだいぶ以前になりますが、フィソンは以前のYGファミリーからはなれ、パク・クンテさん(神話7集タイトル曲"BRAND NEW"作曲家)の事務所に移籍したんでしたね。とにかくよいのだ、この5集。
秋にリリースされ、ことし韓国ではかなり売れたとのこと。きのうシナ友Kちんから譲っていただいたばかり(こまうぉKちん!)。なんでもっと早く聴かなかったんだろうと後悔。ただいまヘビロテ中。



.
.
フィソンさんの音盤は2集が好きだったんですが、3、4集はあまりしっくりこず。そして5集。
これが今年かなり売れてるという話題を耳にしつつも音盤を入手せぬままこの年末をむかえ。
そして昨日Kちゃんからいただいたその瞬間から真夜中ヘビロテへと突入。早く聴けばよかった。


ところで表題はこの記事から。
フィソン「取りえのない僕をたくましくしてくれたのが音楽」


フィソンさんのステージは、幾度か生で見たことがありますが、とにかくストイックな印象。そして華がある。「オーラ」というよりは「華」。それって同じジャン!と言われっかもしれんが、フィソンさんは「華」。漢字のイメージ。てどうでもいいかそんなの。たまに三白眼になるのがニガテという声もあるがそれはさておき、神話のミヌさまとはまた別の種類のカリスマ性が。この人がいるところがステージの中央。と感じさせるなにか磁場みたいなものがある。たとえステージ右端にいてもそこが中央、みたいな。なんだろね(てきかれてもね)。


そして↑の記事中にあったのですが、フィソンの通ってたボーカル・スクール仲間にBIG MAMAのイ・ヨンヒョンやイム・ジョンヒが居たって。どんなスクール。


そしてこんな記事も。
フィソン、2年ぶりのアルバムで「変化」


売れっ子歌手の移籍にはかならずといっていいほどその裏で憶測が飛びかいます。そのことにより本人がどんなに疲労困憊するか。フィソンも多分にもれなかったわけで。苦渋の選択、困難をのりこえてのこの5集。すばらしい出来です。好みの問題かもしれんが、そう思いました。
実際どうなるかどうかとかは別にして、国籍・年齢・ジャンル問わず聴ける内容にしあがってると思う。本人は賞レースには興味ないかもしれないけど、まっとうにいくなら(大人な事情は別として)まっとうにいけば、おそらくなんらかの大きめな賞は受賞することになると思われる大作。
ていうか音盤の題名もすごい。本人の決意なのか事務所の意向なのか。なんたって"eternal essence of music"ですもの。冗談じゃなくそれだけのものがギュっとつまってるよ。


e0006314_0454157.jpgeternal essence of music
WHEESUNG
2007/9/4








01. Love Hero (Feat. J)
02. My Way
03. 사랑은 맛있다♡
04. 다쳐도 좋아
05. 차안남녀
06. 안녕히 계시죠
07. 어쩌다 보니 비밀
08. Savannah Woman (Feat. Verbal Jint)
09. 이런 시츄에이션
10. 만져주기 (Feat. Younha)
11. Tick Tock
12. 이별 앞에 서서
13. 벌
14. Against All Odds - Bonus Track


◆関連サイト
Wheesung OFFICIAL
[PR]
by gaaco127 | 2007-12-28 01:38 | ★ Music(K-pop etc.)